『子供たちの未来のために 
さぁ始めよう、ワイズの叡智と行動で』
ワイズメンズクラブ国際協会 西日本区 第21代京都部部長 廣井 武司

2016年9月11日
私達、京都部に新しい仲間が誕生致しました。

北京都フロンティアワイズメンズクラブ
国際協会加盟認証状伝達式

(別窓で開きます)

平成28年熊本地震への緊急支援につきまして
2016.04.19西日本区より


京都部ホームページ更新履歴(アンダーライン付き文字をクリックするとリンクします)
更新履歴一覧へ

ワイズメンズクラブは1922年に Paul William Alexander 氏によって米国オハイオ州で誕生して以来、
世界各国で数々の奉仕活動を展開してきた国際奉仕クラブです。

日本では1932年6月に日本区が設立され、80年の歴史を誇っています。
1997年に、日本区は東日本区と西日本区の2つの区となり西日本区には、地域性により9つの部があります。

京都においては、1930年に京都ワイズメンズクラブが誕生しましたが、国際に加盟したのは1947年のことでした。

ワイズメンズクラブにおいては、複数のクラブでその地域性などにより部を形成しています。
その部が複数集まり区を構成しますが、活動の発展と共に部や区の構成が変遷します。

京都部も当初の西日本部から → 1947年西部 → 1951年北西部 → 1983年京滋部 →1996年 現在の京都部となりました。

1988年第58回国際大会が京都で開催されるのに併せ、京都には新クラブ設立とメンバー増強の大きなうねりが芽生えました。
京都部は現在18クラブ500名を擁する東西日本区で最大の部として、ワイズメン運動を進めています。